ごま由来

セサミンと介護予防とは

ニュースでも取り上げられることが多くなりましたが、よく高齢者の俳諧が問題になっています。
親しい人が認知症になってしまうと悲しいですが、そのような方を周りの人がサポートできる社会づくりが必要だとも言われています。
ですが、自分自身や家族が認知症になり介護が必要になってしまわないために、予防することは出来るのです。

その一つが、食生活の改善です。
高カロリーのものを食べ続けることや、摂る食事が偏っていると、認知症になりやすいと言われています。
認知症予防に効果があるとされている一つの食品が、ゴマです。

なぜゴマに認知症を予防する効果が期待できるのでしょうか。
それはゴマに含まれているセサミンが関係しています。
セサミンには、抗酸化作用があります。

抗酸化作用http://www.thehalfshow.com/kousannkasayou.htmlとは、体内で細胞等に悪影響を与える活性酸素を抑える働きのことです。
活性酸素は認知症の原因の一つですが、その活性酸素を抑えてくれるとなれば、セサミンを摂り入れることへの疑問の余地はありません。
しかし、肝心のゴマからはセサミンを摂り入れ辛いので、サプリメントなどを用いることができます。
より効率的にセサミンを吸収できます。
ごま油にも含まれていますので、家族の食事にごま油を組み込んでみても良いでしょう。